バロン  預かり日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バロンの 課題

        SANY0664.jpg

               風邪が長引き 体調が なかなか本調子に戻らない・・・
                    バロンのオイタで とってもへこみぎみ。。。。。 
               なんだか、 南の島の海辺でパワーを貰いたい
                          そんな気分です 
        
                (写真は 愛犬Kと南の島の海辺で朝日を拝んだ時デス)  

  


おっとりバロン。 人が大好きバロン。 そんなバロンの難点は、

「猫を見ると吠えたり、凄い勢いで追いかけてしまう。飛びついてしまいそうな事もあり。。。」

わが家へ来た当初よりは 大分、抑えがきくようにもなっていたのですが
(正確に言うと、「抑えがきく事もあるようになった」 かな)


猫飼いのわが家で、 そんなバロンを預かるという事は  細心の注意が必要で
これまで バロンの世話をする中で、食事療法や三日おきのシャンプーやその他 どれも
体力的には 楽ではないですが それでも いつも一番大変に思うのは
対、猫との関係への注意でした。。。。

とうとう起こってしまいました。。。。

バロンが 家の愛猫Sを見つけ、勢いよく走って追いかけ、窓際へ追い込み・・・
勢いよく飛びつき!?・・・・逃げ場の無いSは3階の窓から外へ落ちてしまいました。。。
幸い 命は助かりましたが・・・ 15歳のこです まだまだ安心出来ない様態です

バロンが悪い?

・・・バロンは本能に従った行動なのかもしれない

悪いのは、そんなバロンに 人間と一緒にこの社会で暮らしていくのにはいけない事だと
バロンの周りの人間が教えてこなかった事 だと思い、
わが家へ来てから一生懸命教えてきたつもりでした。 
バロンなりに 少しづつ、少しづつ、いけない事だと覚えて自分の衝動を抑えるよう
段々と 頑張り出してきたところでした。

悔しいな。。。もっとしっかり教えられていたら・・・と思うと とても悔しいです

でも、被害にあったのが うちのこで せめてよかった。
散歩途中などでよそのこに 危害を与えてしまったのでなくて 本当によかった。


猫の暮らすわが家では バロンとの暮らしは無理??

私には猫もみんなを守る責任と義務があるよね・・・


。。。。。。。考えました

ケガをしてしまったSの為にも、バロンに「猫を傷つけたりしてはいけない事」だと
しっかり わかってもらいたい。

これまでのように 「教える」のではなく、「わかってもらいたい」 と今は思う

人や子供に優しく接する事の出来るバロンだから、きっと わかってくれると信じて


預かりでも、今は(里親がみつかるまでは) バロンもやっぱり家族の一員です。

問題を起こしたから 他へ連れていくのではなくて、
問題を起こしたのなら その問題を一生懸命 一緒に克服していかなくては 
そうでなければ、
そんな理由で手放され センターなどへ行く事になってしまったこ達を保護しても保護しても
繰り返される悪循環も 何も変わらない ・・・・のだろうと思うから

今、わが家にいるバロンと 猫たち これからも一緒に。

Sの為に出来る事は バロンを他へ連れて行くのではなくて
もっともっと、注意して対策を練り

そして いつか バロンにしっかりと 判ってもらうよう していく事。


元気になってねS

頑張ろうね バロン。



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

風邪で体調が悪い時に、猫ちゃんの件ではびっくりされたでしょうね。
高齢の猫ちゃん、大丈夫でしょうか?
バロン君も、本能的にやってしまった事でしょうが、
本犬もびっくりして反省しているのではないでしょうか?
我が家のジンジャーも他の犬を見ると、異常に反応します。
預かり初めは吠え掛かってしょうがなかったのですが、
今は飛びつこうとするだけに、多少(汗)良くなりました。
でも、まだまだ課題ばかりで、日々試行錯誤の連続です。
バロン君もAnaさんの愛情ある教えできっと分ってくれると思います。
それぞれの課題に一緒に試行錯誤していきましょうね~!
Sちゃん、どうか一日も早く良くなりますように。

けりおん | URL | 2008年06月21日(Sat)07:10 [EDIT]


わぁ~お、素敵な写真v-10と幸せな気持ちになっていたら・・バロン君・・^_^;
我が家も猫がいるので他人事ではありません。。
そうですね、しっかりとお勉強してもらって
みんな仲良く生活してもらいたいですよね。
Sにゃん、15歳にもなるのに気の毒だったねe-464 早くよくなってね~e-420
Anaさん、e-448お大事に~

ぽち | URL | 2008年06月21日(Sat)17:22 [EDIT]


Anaさん、元気だしてくださいね。
15歳のSちゃんも、早く良くなりますように…。

今回は風邪で調子が悪かったAnaさん、
いつもなら未然に防げていたのかもしれませんね。
Sちゃんには災難でしたが、バロン君も良い子ですし、
悲しむAnaさんを見て、何か感じるかもしれません…。

今からでも、猫を追わないワンちゃんになってくれると
とっても助かりますね…v-218

バロン君の幸せな姿を、いつも読ませて頂いています。
保護された時のブログを読んだときから、気になっていました。
我が家にも猫が居て、おまけに自分より大きい犬を受け付けない
ケアンテリアもいまして、里親候補に手を挙げられませんでした。
応援することしか出来ませんが、引き続きよろしくお願いします!

saranco | URL | 2008年06月21日(Sat)20:34 [EDIT]


風邪で体力も精神力も落ち込んでいる時というのは、
そう言うネガティブな事が起こるものですよね(>_<)
でも、あまり落ち込まないで下さい。
Mr.バロンもやはり犬ですから、人間程は分別があり
ませんし・・・でも、愛猫Sちゃんにとっては事故と
しか言いようがありませんね。15年も可愛がっていれ
ば心境は複雑でしょう(T_T)
板ばさみでお辛いでしょうが、どうか前向きに進みましょうね。頑張って!

ことさん | URL | 2008年06月22日(Sun)00:09 [EDIT]


お大事に

大切な バロン君。 そして 大切な S ちゃん。  本当に 大変でしたネ。 怪我は無かったのですか? 複雑な心境ですね。  我が家にも 子供達(大人ですが・・・)が順番に拾って来た ニャン達が居ますので、心中 お察し致します。 20年程前から、ずっと ニャンが居ますが、3番目に 御縁の有った子が 3年前にベランダから落ちて 亡くなりました。 我が家は8階ですので、一応の対策はしてたのですが、一瞬の事で、病気で見送った子より 辛くて悲しかったのを覚えて居ます。獣医さんの説明では、「猫落下症候群」と言うのが有る位、多いそうですが、飼い主の責任です! 優しいバロン君だから、悪気は無いと思いますが、何か妙案は無いですかね~?  どうか、Sちゃんとバロン君の為にも、御身体 おいとい下さいませ。 ちなみに 今居る子は、3才の女の子(トット)と2才の男の子(エピ)ですが、さすが ディーンの弟!!10キロなんですゥ~(笑 エピは亡くなったディーン君が大好きで、何時もベッタリでしたが、亡くなる時は、側に来ませんでした。代わりに 何時もは余り側に来ないトットがディーンの顔を舐めて居ました。 あの子達にも色々な想いが有るのでしょう。

DEAN MAMA | URL | 2008年06月22日(Sun)02:39 [EDIT]


猫ちゃん大丈夫ですか?

Sちゃん大丈夫ですか?
Anaさんも無理しないでくださいね。
我が家の預りのパリスも猫を見つけて脱走したこと3回。
我が家のわんことは違う能力を持っているのか、私の考えをはるかに越えて脱走していきました。
我が家では猫はいませんが、野良ちゃんと近所の猫が放し飼いで我が家の庭で遊んでいます。
なので猫の気配を感じたりしたとき、パリスはリードでつなぐようにしています。
一緒には遊べないということとダッシュで外に出ないように心がけています。
なかなかすんなりとは行きませんが。
無理せずに、体調早く戻してくださいね。

チャキママ | URL | 2008年06月24日(Tue)10:55 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。