バロン  預かり日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バロンと しあん

 
 犬って、ひとり使用の玩具で ひとりで遊ぶより 誰か人や他のコがいて  
 見せびらかすように遊ぶ時 それはそれは楽しそうに遊ぶ気がする。

 この日のバロンが そうでした    
 兄妹犬であると思われる しあんchan に久しぶりに再会

 いつもは おっとり系なバロンが  なんだか子供のような表情で
 しあんちゃんの前で 嬉しそうに、見せびらかすように、玩具遊びを楽しんでいました。


DSCN2376.jpg

DSCN2377.jpg

DSCN2378.jpg

  とうとう しあんchan が呆れてしまう程に。。。。

                                  
                     DSCN2329.jpg

                  しあんchan、気の優しい 可愛らしい女の子でした

 バロン も しあん も、穏やかな気の優しいコです

 こんなふたりを育てあげた環境は そんなに酷かったものでは無かったのではないか
 愛情を貰えずに育ってきたわけでは無いのではないか と 、私には思えます

 なぜ、ふたりが センターへ連れていかれ 運良く引き出され
 今こうしているのか  その経緯や過去についてへの感情は ここでは控えます。

 きっと これまでずっと一緒に暮らしてきた ふたり
 センターでの不安な時間や、 冬の一番寒い時期を 暖房もないその場所で
 暖めあって 乗り越えてきた ふたりです

 一緒にいると  やっぱり楽しそうな 嬉しそうな  そんな表情になれるふたり
 そんなふたりは これから 違った場所で暮らしていくことになると思います。

 ‘ 可哀想 ‘ だろうか・・・?  
 センターや他の場所では もっともっと可哀想なコたちがいるといった
 比較的な観点ではなく考えてみた場合 でも そうなのか な?

 一緒にいた者たちが離れる事は、 一見 可哀想に思えるかもしれないけれど
 その後が 幸せであれば それは その為の新しい旅立ちだったと言えると思う 。


 
                     DSCN2333.jpg

              バロンもしあんも 今、様々な 出逢いを経験しているよね


 他人事や 犬の事と思って言っているわけではありません

 「本当だったら ずっと一緒にいられたのに 可哀想 」 と言ったらそうかもしれないけれど
 人間も ずっと同じ、ずっと一緒、 それは保障されている事ではなく
 人間の子供でも 親から手放される事がある。手放した後に 命の保障さえ無い場合でも。
 
 手放す側に思うこと、感情は 今は抑えます。  それで、
 そのこ達は その後ずっと ‘可哀想な子‘ になるかどうか、‘可哀想な子‘でいるかどうか

 ‘ 可哀想 なだけでは ない ‘  と言える様にも なれると思います。

 それは さまざまなチャンスが巡ってきたからであるし、
 もしかしたら そんなチャンスを ちゃんと 引き寄せたからなのかもしれません

 自分は 酷い目にあったり、裏切られたり、辛い思いをした時
 心を 閉ざしてしまう事 あります。
 
 でも バロンとしあんは、 今でも人間に心を閉ざさずにいてくれます
 そんな ふたりだから  きっと ‘可哀想なだけではない‘ コ になれると思うのです



 *****************************************************************

 バロンとしあんについて 
 「ずっと一緒にいたのだから あのままセンターで一緒に最後を迎えられた方が幸せだった」
 と お便りを寄せた方へ、   それがお考えなのはわかり(読み)ました。 
 
 それでも 私は生きていて欲しいと思います。 
 一緒ではないけれど違った幸せも 味わって生きていて欲しいから

 離れる事が不幸なことだけだとは 思っていないから。

 例えば 人間でも、
 一緒に育ってきた兄妹が それぞれの家族を持つようになり 離れて暮らす
 とても離れた距離であったり、お互い年をとったりで
 自分の力だけでは 会えなくなったとして、 そんなに不幸かなと思うのです
 そこに 今、自分の家族との場所があれば。

 バロンとしあんにも、そんな 穏やかな老後を生きて過ごして欲しいと思います
 その為の 新しい家族が出来ることを

 「そんな幸せもあるのかもしれない」 と 少しでも思って 見守って貰えたら嬉しいです。

 
 自分の考えも 人間のえごかもしれないと承知して行っている中で、
 お便りを読んで  こういった考えもあるのだと、 考えるきっかけになりました
 そのことと、 バロンやしあんのことを 気に掛けて下さった事にお礼の意味を込めて

 お返事できるアドレスなど無かったので
 こちらで私の気持ちを お返事させて頂きました。

*************************************************************** 
 お付き合いさせてしまった方がいましたら ごめんなさい。

                   DSCN2338.jpg

                                ラブ ・ ラブ ・ ラブ

      しあんchan は、今 良いお話が進んでいます。 幸せになって! しあんchan !

                            バロンも きっと 幸せに なります !!
 
               バロン里親募集中 お問い合わせはこちらまで ↓
                   http://bbs7.as.wakwak.ne.jp/bbs.cgi?id=130037

   
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。
人には色々な考え方、感じ方があるのでしょう。
しあんchanもバロンくんも…私は可哀想な子とは思いませんよ。我が家の子にもブリーダー放棄犬の子がいますが、一度も可哀想と思ったことはありません。ただ愛しいだけです。(親バカですが・・)

しあんchanへ・・・
今も幸せでしょうけど、もっともっと幸せになるんだよ! バロンくんも、しあんchanに負けないくらい、もっともっとずーっと幸せになるからね。。。
バロンくんへ・・・
いつも素敵な笑顔ありがとう。おばちゃんは何もできないけど、ずーっと応援してるよ!!
Anaさんへ。
今この時を愛しんで供に生きてくれるAnaさんのおかげでバロンくんは今でもとても幸せですよ。更なる幸せへの橋渡し頑張ってくださいね。

3匹の子豚の母 | URL | 2008年04月24日(Thu)17:33 [EDIT]


バロンくんすごく得意気におもちゃを咥えてますねぇ。
しあんちゃんから「まったくぅ~お兄ちゃんたら」って声が聞こえてきそう。
しあんちゃんに新しいご縁がありそうだということで、本当によかったですね。
おめでとう、しあんちゃん。いっぱい幸せになってね。
バロンくんもみなぎるパワーで幸せを引き寄せてっ!

バロンくんとAnaさんをずっと応援しています。



なな | URL | 2008年04月24日(Thu)19:06 [EDIT]


こんばんは~

しあんちゃんは良いお話が進んでるんですね、
このまま順調に進むといいですね、
本当に幸せになってもらいたいです。
バロン君もいつか必ず良い縁談があることを願っております。   

ゆみ | URL | 2008年04月24日(Thu)19:31 [EDIT]


はじめまして

時々読ませていただいてます。
我が家のワンはノラちゃんから生れてノラちゃんの仲間と3年も暮らしていたそうです。
仲間から離れて我が家にきました。
私も「旅立ちは新しい道」だと思います。
助けられた命が家族に恵まれますように祈っています。

メイド | URL | 2008年04月25日(Fri)09:12 [EDIT]


はじめまして
たまに読ませて頂いておりましたがバロン君とシアンちゃんについて そんなコメントがあったんですね。いろんな考え方があるなと考えさせられました。確認はできませんがバロンとシアンは別々になるくらいなら一緒に最後をと思っていたのでしょうか?生かすもそうでなくすのも人間ですがどちらもエゴなのでしょうか?今両方ともとても穏やかに過ごしているようで人間と幸せを分かち合っていける子達だと思います。センターにいる子達をすべて救えないからこそ助かった命を大事に天寿を全うしてほしいと願っています。それが生きられなかった命に対しての責任だと思うから。うちの2番目の子はセンターから助けられた子です。とても可愛くそばにいてくれるだけで幸せです。意見を寄せた方、助かった命の行方よりもセンターがいらない状況を作る為の意見や行動を起こして頂けたらなと思いました。
バロンとシアンへ
生きててくれてありがとう!幸せになるんだよ!

カイミミママ | URL | 2008年04月25日(Fri)14:33 [EDIT]


to 3匹の子豚の母 san

3匹の子豚の母 san こんにちは(^^)
暖かいお言葉を ありがとうございます

バロンのおおらかさで、
「今のこんな生活も そんなに悪くない?」
との私の心の問いに おっとり笑顔でこちらを見てくれる
救われる気がします。 更なる幸せの為の今を
大事に、大切に、一緒に過ごします。

3匹の子豚の母 sanの 愛おしい子も
人間の被害を受けた過去がおありなのですね
でも、過去を乗り越えて 
今では ママと一緒にきっと幸せいっぱいですねv-22
新宿G辺りはお友達も沢山いそうですものネ(^。^)

バロンにも 3匹の子豚の母 san のような新しい家族
出来ますようにv-22

Ana | URL | 2008年04月26日(Sat)09:43 [EDIT]


to なな san

なな san こんにちは(^^)
>しあんちゃんから「まったくぅ~お兄ちゃんたら」って声が聞こえてきそう。
ななsan もそう思いますか? 私たちもなんだか勝手に バロンお兄ちゃん と お利口さんなしあんchan の図が
出来上がっていました(笑)

バロンのみなぎるパワーは 今のところ
ボールや猫にむいているようです。。。(^^;)

ななsan いつも、力強い応援を ありがとうございますv-22

Ana | URL | 2008年04月26日(Sat)10:00 [EDIT]


to ゆみ san

こんにちは (^^) ゆみsan
しあんの里親希望の方の周辺は、黒ラブがいっぱい住んでいる
所だと聞いています。黒ラブ・・・もしかしたら、
ゆみsan のご近所かもしれませんねw もしそんな偶然があった時には
4歳の黒ラブ君にも どうぞしあんをよろしくとお伝えください(笑)

バロンへのお気持ち ありがとうございますv-22

Ana | URL | 2008年04月26日(Sat)10:21 [EDIT]


to メイド san

はじめまして メイドsan (^^)
時々 バロンの様子など読んで頂いているようで
ありがとうございます

仲間から離れて「新しい道を生きている」メイドsanのワンchan
きっと今も 幸せに暮らしているのだろうと想像が出来ますので、
これから新しい家族を探す事になるコたちも きっと
新しい道を生きながら幸せになってくれるのではないかと
心強いです。

助けられた命への想いをお寄せいただきまして
ありがとうございますv-22

Ana | URL | 2008年04月26日(Sat)10:51 [EDIT]


to カイミミママ san

カイミミママsan はじめまして(^^)
たしかに確認は出来ませんが、動物ですから本能でしっかり
生きたいと思っていたと、少なくともその反対は思っては
いなかったのではないかと 私は思っています。
人間のエゴであるかもしれないし、そうではないかのしれないし
誰にも答えは出せないのではないかと思って、
だからといって迷い何も出来ないよりは 今の自分の思いに
従ってみてもいいのではないかなといった気持ちでいます。
考えは変わっていく事も構わないものだとも思っています。

そんな風に思いながら今は、
カイミミママsan のように「そばびいてくれるだけで幸せ」と言ってくれるような、そして お互い がそう思えるような関係に
なれる新しい家族を バロンにも出来るよう自分に出来る事を
していきたいと思っています。

バロンとシアンへ とても嬉しい、暖かい言葉をお寄せ頂きまして
ありがとうございますv-22

Ana | URL | 2008年04月26日(Sat)11:29 [EDIT]


はじめまして

はじめまして。
しあんちゃんの所から遊びに来ました。
いろんな考え方があるのはわかりますが、私は生きる義務・権利があると思っています。
一緒にいたから・・・それは唯一自殺できる人間だけが言える言葉なんではないでしょうか?
動物はどんな環境でも生きようとします。
離れ離れになったからかわいそうとは思いません。
人間の子供だって巣立って親から離れるわけですから。
そして何より今のバロン君やしあんちゃんの目の輝きをみれば、救出されてよかったし救出されて当然です!
我が家の蛍は広島ドッブパークのワンコです。
ガリガリに痩せて、毛もほとんど抜けて、本当によく生きてきたと思うほどですが今は元気印!
バロン君も早く良い飼い主さんが現れますように。
リンクさせていただきますね!



チャキママ | URL | 2008年04月26日(Sat)12:03 [EDIT]


to チャキママ sama

はじめまして チャキママsan (^^)
コメント ありがとうございます。
そうですね そうですよね。。。。胸の内を
書いて頂いたかの様な気分です。

蛍chan のように元気印で、幸せに、
バロンも生きる権利で生きる義務を全うしていくと思います。v-22v-22
リンクなど、応援 ありがとうございます!

Ana | URL | 2008年04月26日(Sat)22:14 [EDIT]


こんばんは。   バロン君としあんちゃんの様子を、ずっと心配しながら、応援して居ます。 皆さんの色々な意見を拝見しながら、考え方の違いはともかく、こんなにも沢山の心優しき人達が居るのだと思うと、熱い物が込み上げて来ます! きっと二人は それなりに愛されて居たのでしょうね。 元の飼い主さんの事情は分かりませんが、仰る様に 過去の事を責めて恨むより、これからの幸せを願って止みません!! そして、時々でも二人が会える環境なら 最高ですよね。   何時も思うのですが、センターに連れて行く時は、多分受付の様な所で引き渡すのですか?  それが問題だと思います。 センターの中を見せて、自分で柵の向こうに入れさせるべきです! そして、どんな状況か 現実を見せるべきですよね。現場を見て、一人でも思い留まってくれるかも知れませんし、結果、駄目でも、我が子を殺す為に その部屋に送り込んだ事実は 一生背負って生きて行くべきでしょう。 普通の人間なら、そこに置いてはこれないと思うのは、甘いですか?  でも 入り口で簡単に手渡しするシステムにも問題有りだと思います。 それよりも ペットショップの生体販売を何とかしなければ・・・ どうか、全ての生き物が幸せで有ります様に!!

DEAN MAMA | URL | 2008年04月27日(Sun)04:16 [EDIT]


「ずっと一緒にいたのだから あのままセンターで一緒に最後を迎えられた方が幸せだった」

そんなことはありませんよ!
例え別れ別れになったとしても
その後人間から素晴らしい愛情を受ける事が出来れば
ケロッとしたものです。
もちろんその人にもよりますが、人間のワンコに対する
愛情は姉妹、兄弟の絆を遥かに超えます。

なんだか知っている場所が出てくると嬉しいです。
ここにバロンくんが来たんだわ~と思うと
凄く嬉しい気持ちになりました。(^^)

月 | URL | 2008年04月27日(Sun)12:03 [EDIT]


はじめまして。

「ずっと一緒にいたのだから あのままセンターで一緒に最後を迎えられた方が幸せだった」

こういう考えをされる方もいらっしゃるんですね...
人それぞれ色々な考えがあるのだから、良い悪いはないのですが、
私もAnaさんと同じく
生きていて欲しいし、今、生きていてくれて、うれしいです。
何より、バロン君やしあんちゃん、他の保護されたワンコたちの顔を見れば、救出されて本当に良かったと思います。
我が家のそら(元ルル)も過去を振返らず、前を向いて生きています。
苦手なワンコにも、びくびくしながらも臭いを嗅ぎに行ったり、嗅がせてあげたり(固まっている事が多いですが)、毎日果敢に挑戦してます。
私は、そんながんばってるそらを誇りに思います。

1匹でも多くのワンニャンに、
こうして「新しい道」を進むチャンスがあることを...
心から望みます。

Anaさんバロン君を応援してます。
そしてバロン君の新しい家族との出会いを心から願ってます。

ひら(元ルル/そらママ) | URL | 2008年04月28日(Mon)12:47 [EDIT]


to DEANMAMA & 月 & そら sama

DEAN MAMA sama san そらsama

コメント ありがとうございます (^^)
お気持ちを寄せて下さり 嬉しいです。


せっかく頂いているコメントに
お返事出来ていなくて、すみません!!


ここ数日バタバタとしていますので、時間が出来ましたら
ゆっくりと、 お返事させて下さい

よろしくお願いいたします
v-22v-22

Ana | URL | 2008年05月01日(Thu)10:08 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。